【日薬】山本会長、「現場の混乱」に配慮‐豪雨被災地への薬剤師派遣

2018年7月24日 (火)

ニュース


 日本薬剤師会の山本信夫会長は、18日の定例会見で、西日本豪雨で被災した広島県に派遣する薬剤師の募集開始が、被害の大きかった広島県、岡山県などに大雨特別警報が出されてから2週間ほど経過したタイミングとなったことについて、「現地との調整がつかない状況で薬剤師を送り込むことはできない」とし、過去の災害対応を踏まえ、「現場に混乱が生じないよう状況を確認していた」と説明した。

 会見には、被災地に赴いた田尻泰典副会長が出席し、現地の被害や対応状況を説明。広島県薬剤師会の豊見雅文会長に、「現場の薬剤師が疲弊する前に」支援が必要な状況であれば、「受け入れてもらいたい」と提案したところ、支援薬剤師の派遣を「お願いしたい」との要請があったことを明らかにした。

 岡山県薬剤師会については、「一時期、派遣薬剤師の要請まで考えていたようだ」としつつも、甚大な浸水被害を受けた倉敷市真備町の「まび記念病院」の駐車場に仮診療所が設置され、調剤については、「近隣の既存薬局で対応する格好になった」ことから、岡山県薬が派遣薬剤師の募集を見送ったという。



HOME > ニュース > 【日薬】山本会長、「現場の混乱」に配慮‐豪雨被災地への薬剤師派遣

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!