【薬事日報調査】1億円以上の役員報酬42人に‐薬業界で増加、ウェバー氏は12億円

2018年7月27日 (金)

ニュース


多田氏、三津家氏も大台突破

 薬業界における2018年3月期決算の上場企業で1億円以上の報酬を得ている役員は、製薬企業・調剤薬局・ドラッグストアなどで42人に上ることが本紙の調べで分かった。前年度の37人から増加し、新たに大日本住友製薬の多田正世会長、田辺三菱製薬の三津家正之社長などが1億円プレイヤーに名を連ねた。そのうち外国人は退任した役員を含め9人。国内製薬大手のエーザイが最多の6人、武田薬品は4人が1億円以上の報酬を得ていた。最も多額の報酬を得ていたのは、武田薬品のクリストフ・ウェバー社長で12億1700万円と昨年に比べてさらに1億6900万円増え、次いで調剤薬局チェーン大手の日本調剤の三津原博社長が8億2000万円と突出している状況は変わっていない。好業績を背景に1億円プレイヤーは増加傾向にある(表参照

 本紙の調査では、トップのクリストフ・ウェバー氏は前年度から1億6900万円増加し、12億円を超える高水準となった。次いで多額の報酬を得ていたのが日本調剤の三津原博社長で、子会社分の報酬も含めて前年度から700万円増え、総額で8億2000万円に達した。



HOME > ニュース > 【薬事日報調査】1億円以上の役員報酬42人に‐薬業界で増加、ウェバー氏は12億円

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!