【RS財団】MRの未承認薬関与を問題視‐販売活動GL案に意見

2018年8月22日 (水)

ニュース


 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団(RS財団)は16日、厚生労働省の「医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドライン(GL)」案に対する意見を公表した。

 GL案は、MRによる不適切なプロモーション活動を防ぐことなどを目的に厚労省が策定したものだが、一定の条件下でMRが未承認薬・適応外薬の情報提供を行うことを認める方針がGL案で示されていることに対し、「営業部門の人々が関与するのには大きな問題があり、国際的常識から見て同意できない」と問題視した。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【RS財団】MRの未承認薬関与を問題視‐販売活動GL案に意見

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS