【ゆう薬局】薬局に翻訳ツールを試験導入‐外国語対応スムーズに

2018年9月12日 (水)

ニュース


会話帳と翻訳機を併用して説明する

会話帳と翻訳機を併用して説明する

 京都府を中心に90店舗以上の薬局を展開するゆう薬局グループは、外国語での対応をスムーズにするため、双方向音声翻訳機「イージートーク」と、イラスト付きのオリジナル“指さし会話帳”を、2店舗で試験的に導入する。聴覚と視覚の両面からアプローチして、正確に早く外国人のニーズを把握する。

 院外処方箋応需時は指さし会話帳で症状を確認しつつ、イージートークで服薬指導などを行う。販売シーンが多岐にわたるOTC薬はイージートークをメインに用いて説明する。状況に応じてツールを使い分け、相互に機能を補完する。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【ゆう薬局】薬局に翻訳ツールを試験導入‐外国語対応スムーズに

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS