【厚労省作業部会】多剤指針「追補」で骨子案‐外来、在宅で多職種協働重視

2018年9月25日 (火)

ニュース


 厚生労働省は18日、高齢者の医薬品適正使用指針について、ポリファーマシーにおける診療や処方時の参考とするため、外来や入院医療など療養環境別に薬剤師等の医療者が考慮すべきことを記載した「追補」の骨子案を、高齢者医薬品適正使用検討会の作業部会に示し、概ね了承された。外来・在宅医療においては、地域包括ケアを担う医療・介護関係者との協力を行うなど、多職種による協働を重視した内容とした。26日に開催予定の検討会でも骨子案の具体的内容を議論する。

 骨子案は、▽外来・在宅医療▽急性期後の回復期・慢性期の入院医療▽その他の療養環境(介護、介護老人保健施設等)――で構成されている。

 当初、総論編に対する詳細編とする予定だったが、患者の療養環境ごとに医療者が留意すべき点をまとめた内容を踏まえ、「追補」に変更した。



HOME > ニュース > 【厚労省作業部会】多剤指針「追補」で骨子案‐外来、在宅で多職種協働重視

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!