【小野薬品】iPS細胞由来の他家CAR-T療法、米ベンチャーと創薬提携

2018年9月26日 (水)

ニュース


 小野薬品と米バイオベンチャー「フェイト・セラピューティクス」は、癌を対象としたiPS細胞由来他家細胞CAR-T細胞治療薬の創製を目的とする創薬提携契約を締結した。フェイトは、小野から研究資金の提供を受け、独自のiPS細胞製品プラットフォームを活用し、小野が選択した血液癌と固形癌の2つの創薬標的に対するiPS細胞由来他家CAR-T細胞治療薬の創製を目指す。

 小野は、2016年にもベルギーを拠点に細胞療法を開発するセリアドから、健康成人の血液から採取したT細胞を用いた他家CAR-T細胞治療薬「NKR-2」の権利を導入しているが、今回の提携で創製を目指す候補品は、iPS細胞からT細胞に分化させ、CAR遺伝子を導入した製品であるため、大量生産が可能であるといったメリットがある。他家細胞CAR-T療法のパイプラインをさらに強化していきたい考えだ。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【小野薬品】iPS細胞由来の他家CAR-T療法、米ベンチャーと創薬提携

‐AD‐
‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!