【サイナータ・セラピューティクス】豪バイオ企業、日本市場へ‐iPS由来のMSC細胞療法、来年にもGVHDで第II相

2018年10月17日 (水)

ニュース


ロス・マクドナルドCEO

ロス・マクドナルドCEO

 オーストラリア発バイオベンチャー「サイナータ・セラピューティクス」は、日本で他家ヒトiPS細胞由来間葉系幹細胞(MSC)を用いた細胞療法の開発を進め、来年にもパートナー企業の富士フイルムと移植片対宿主病(GVHD)を対象とした第II相試験を始める。治験での結果が良ければ、通常の承認申請ではなく、期限付き条件付き早期承認を狙う予定だ。ロス・マクドナルドCEOは本紙のインタビューに対し、「日本が世界でも最初の上市国になるのではないか」と日本を皮切りに国際展開に乗り出す方向だ。重症四肢虚血(CLI)を対象としたMSCの治験についても、実施計画を規制当局と協議中。GVHDとCLIを合わせた全世界での売上高は最大年約17億ドルを見込むなど市場を開拓する。

 同社はオーストラリア証券取引所に上場し、健康成人から採取したiPS細胞を由来とし、MSCを作製。米国では第I・II相試験で使われる治験薬の生産プラットフォームを構築している。富士フイルムと資本業務提携を行っており、サイナータの発行済み株式のうち、富士フイルムが8%を保有し、開発や商業化のライセンス権を導出している。



HOME > ニュース > 【サイナータ・セラピューティクス】豪バイオ企業、日本市場へ‐iPS由来のMSC細胞療法、来年にもGVHDで第II相

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!