【大阪大谷大薬学部】南河内地区6薬剤師会と協定‐共同研究・人的交流など推進

2013年12月13日 (金)

ニュース


協定を結んだ大学、薬剤師会の代表者

協定を結んだ大学、薬剤師会の代表者

 大阪大谷大学薬学部は8日、南河内地区の6薬剤師会と地域連携協定を締結した。松原市、藤井寺市、羽曳野市、富田林市、大阪狭山市、河内長野市の各薬剤師会と連携し、研修や共同研究、人的交流などを今以上に推進する。また、従来にない新たな大学附属薬局のあり方や運営について、共同で検討を進める計画だ。

 これまで大阪大谷大学薬学部と6薬剤師会は共催研修会などを実施し、交流を深めてきた。この連携をさらに発展させるために協定書を締結した。



HOME > ニュース > 【大阪大谷大薬学部】南河内地区6薬剤師会と協定‐共同研究・人的交流など推進

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!