【厚労省】妥結率低い大病院・薬局、診療報酬の基本料引下げを提案

2014年1月10日 (金)

ニュース


 厚生労働省は12月25日、医療用医薬品の納入価格の妥結率が著しく低い医療機関・保険薬局について、診療報酬上の基本料を引き下げる方向性を、中央社会保険医療協議会総会に示した。200床以上の大規模病院と20店舗以上のチェーン調剤薬局の妥結率が極端に低いことが指摘されたことから、対応が必要と判断した。

 医薬品価格の妥結率をめぐっては、これまでの中医協や医療保険部会で、購入価格を抑えるため意図的に妥結を遅らせたり、妥結しない保険薬局等が少なからず見られるとの指摘が出ていた。実際、200床以上の病院と20店舗以上の薬局で、極端に妥結率の低い施設が多いことから、病院全体・保険薬局全体の妥結率の平均値を大きく引き下げている。



HOME > ニュース > 【厚労省】妥結率低い大病院・薬局、診療報酬の基本料引下げを提案

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!