【厚労省検討会議】適応外薬2件の公知申請妥当

2014年1月22日 (水)

ニュース


 厚生労働省の「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」は16日、子宮内避妊システム「レボノルゲストレル」(販売名:ミレーナ、バイエル薬品)について、「過多月経」の効能・効果を追加するなど、2件の公知申請の妥当性に関する報告書をまとめた。

 レボノルゲストレルは、米国や欧州など6カ国で「避妊および過多月経」の効能・効果で承認されており、海外の多くのガイドラインで第1選択薬の一つとして推奨している。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚労省検討会議】適応外薬2件の公知申請妥当

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS