【製薬協】“3つの決意”実現に努力‐手代木会長が抱負

2014年1月22日 (水)

ニュース


手代木功会長

手代木功会長

 日本製薬工業協会は15日、都内で定例記者会見を開催し、製薬協が展開している事業方針などを説明した。手代木功会長は、事業方針の「イノベーションの促進による医療の質の向上・経済発展への貢献」について、新薬創出・適応外薬解消等促進加算制度化と長期収載品の特例的引き下げ(Z2)をセットで求めていたことと、今回の制度改革案に対する所感を示した上で、「医薬品の価値が適切に評価されてこそのイノベーションだ」と強調した。

 手代木氏は、製薬産業が示している3つの決意、▽革新的新薬の創出等による『国民の健康』の維持・向上▽先端的研究活動による『科学技術レベル』の発展に寄与▽経済成長の牽引役として『強い日本』の復活に寄与――の実現に取り組んでいくと抱負を述べた。



HOME > ニュース > 【製薬協】“3つの決意”実現に努力‐手代木会長が抱負

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!