【日薬】医薬品適正使用や国民理解、「今年は課題に応える年」‐児玉会長が決意

2014年1月22日 (水)

ニュース


児玉孝会長

児玉孝会長

 日本薬剤師会は15日、都内で新年賀詞交歓会を開いた。あいさつに立った児玉孝会長は、「昨年は一般薬のインターネット販売の問題、調剤報酬改定の議論など、いろいろな出来事があった。一言で言えば医薬品の適正使用をどう担保するのか、国民にいかに理解していただくかという大きな課題をもらった」と振り返り、「今年はその課題に応える年にしたい」と決意を新たにした。

 児玉氏は、昨年は医薬分業に大きな批判があったことも指摘。「本来は日本の医療の質と安全性に貢献できる制度であったはずで、その実績もある」と強調。「社会に理解していただけるよう、しっかりと応えていく必要がある」と訴えた。



HOME > ニュース > 【日薬】医薬品適正使用や国民理解、「今年は課題に応える年」‐児玉会長が決意

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!