広島県の「HMネット」、サーバー型電子お薬手帳試行‐病・診・薬で調剤情報を共有

2014年1月23日 (木)

ニュース


各薬局の調剤情報がHMネットで統合され、薬歴として閲覧できる

各薬局の調剤情報がHMネットで統合され、薬歴として閲覧できる

 広島県と広島県医師会が県内全域の医療機関を対象に構築した「ひろしま医療情報ネットワーク」(HMネット)に、電子お薬手帳の機能が追加される。各薬局の調剤情報をウェブ上のサーバーに集約し、その情報を病院や診療所の医師、薬局薬剤師らが共有するサーバー型電子お薬手帳として、試行的に運用する。広島県薬剤師会が参画し開発を進めてきた。2月以降にモデル地区での運用を開始し、そこでの評価を経て、将来は県内全域に拡大したい考えだ。

 当面は、広島市佐伯区、廿日市、福山の各支部をモデル地区に設定して運用し、その効果を実証する。同地区内の半数に該当する150薬局の参画を目標に、今月から参加の呼びかけを開始した。広島市佐伯支部では会員薬局の約7割が参加を表明するなど、前向きな反応が得られている。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 広島県の「HMネット」、サーバー型電子お薬手帳試行‐病・診・薬で調剤情報を共有

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS