日本版NIH関連2法案、自民合同部会で了承見送り

2014年2月3日 (月)

ニュース


 自民党の内閣部会は1月29日、文部科学部会、厚生労働部会、経済産業部会、科学技術・イノベーション戦略調査会との合同会議を開き、今通常国会に提出予定の「健康・医療戦略推進法案」「独立行政法人日本医療研究開発機構法案」の“日本版NIH”関連2法案を審議したが、「やや時期尚早で、もう一度議論を深めるべき」との意見が相次ぎ、了承を見送った。来週にも厚労部会での議論を経た上で、改めて合同部会に諮る予定。

 議論の中で「日本版NIHは予算規模が違うアメリカのNIHとどう違うのか」「オリジナリティーをどう出していくのか」「関連予算を新独法に一元化した場合、かえって多元化になる」などの指摘が相次ぎ、「やや時期尚早であり、厚労部会関係の議論を中心に、もう一度議論を深めるべき」との意見が出たことから、合同会議での了承を見送った。



HOME > ニュース > 日本版NIH関連2法案、自民合同部会で了承見送り

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!