【製薬協】手代木会長、試行継続「公平性を欠く」‐新薬創出等加算の制度化を

2014年2月25日 (火)

ニュース


手代木功会長

手代木功会長

 日本製薬工業協会会長の手代木功氏は20日、大阪市内で記者会見し、2014年度薬価制度改革について、新薬、長期収載品、ジェネリック薬にとっても「かなり薬はいじめられたという認識を持っている」と語った。長期収載品の特例引き下げが拡充される一方、新薬創出・適応外薬解消等促進加算が試行の継続にとどまったことについては「著しく公平性を欠く」と述べ、同加算の制度化に向けて理解を促す活動を続けたいと語った。

 今春の薬価制度改革では、一定期間を経てもGE薬に置き換わっていない長期収載品の薬価について、置き換え率に応じた3段階の特例的な引き下げが実施されることになった。



HOME > ニュース > 【製薬協】手代木会長、試行継続「公平性を欠く」‐新薬創出等加算の制度化を

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!