【在宅医学会】訪問薬剤師は処方提案を‐医師も業務分担に前向き

2014年3月6日 (木)

ニュース


在宅医学会大会でパネル討論

フロアとも活発に討論した

フロアとも活発に討論した

 在宅医療の中で「薬剤師にどこまで任せてもらえるか」をテーマにしたパネル討論が、1日に浜松市で開かれた第16回日本在宅医学会大会で行われた。薬剤師による処方提案が大きな焦点となり、訪問薬剤管理指導にかかわる薬局薬剤師からは、実際に処方変更を提案した事例が紹介され、医師からも在宅現場での処方参加が求められた。ただ、依然として在宅医療に関わる薬剤師は少ないのが現状で、さらに積極的な関わりを求める声も出た。

 薬剤師の在宅訪問で最も多く依頼される業務は、薬剤や資材の供給、配達、残薬管理等だが、処方設計が日常的に行われているケースは少ないのが現状。蒲生真紀夫氏(大崎市民病院がんセンター腫瘍内科)は、腫瘍内科医の立場から、薬剤師に委託したい仕事として、抗癌剤治療中や緩和ケア施行中、在宅緩和ケア中の患者の薬剤指導、助言を挙げ、医師や看護師への助言、処方提案も求めた。



HOME > ニュース > 【在宅医学会】訪問薬剤師は処方提案を‐医師も業務分担に前向き

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!