【厚労省】改定薬価基準を告示‐長期品1118品目に新ルール

2014年3月10日 (月)

ニュース


 厚生労働省は5日、全面改定した薬価基準を官報に告示し、4月1日から実施する。薬価ベースで平均2・65%(医療費ベースで0・58%)引き下げられる。今回、初めて後発品への置き換えが進まない先発品の特例引き下げが行われ、合計1118品目が対象となった。特に置き換え率が2割に満たない長期収載品361品目は、通常改定に加え、さらに薬価が2%深掘りされることになり、業界に大きな影響を与えそうだ。新薬創出・適応外薬解消等促進加算の要件を満たしたのは758品目だった。

 薬価基準が改定されるのは合計1万5303品目。そのうち、不採算品目を理由に196品目が現行薬価から引き上げられる。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚労省】改定薬価基準を告示‐長期品1118品目に新ルール

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS