【先進医療評価委員会】抗癌剤外部評価で初会合‐先進医療実現を迅速化へ

2014年3月17日 (月)

ニュース


国立がん研究センターが委員会開く

 厚生労働省の未承認薬・適応外薬検討会議で医療上の必要性が高いと判定された抗癌剤について、先進医療制度でいち早く使えるようにするため、専門的な外部評価を行う「先進医療評価委員会」の初会合が11日に開かれた。座長に山口俊晴氏(がん研有明病院副院長)を選出。評価委員会の役割や候補となる抗癌剤の進捗状況を報告し、実際の審査は次回以降から行うことになった。

 同委員会は、先進医療会議から委託を受けた外部評価機関として選定された国立がん研究センターが設置したもの。医療上必要性の高いと判定された抗癌剤に関し、迅速に技術的評価やプロトコール評価を行い、先進医療会議に報告。速やかな保険外併用療法の実施につなげる役割を果たす。



HOME > ニュース > 【先進医療評価委員会】抗癌剤外部評価で初会合‐先進医療実現を迅速化へ

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!