柴崎薬学会会頭、4年制卒の国試受験資格で見解‐研究支援事業など創設へ

2014年3月27日 (木)

ニュース


柴崎正勝会頭

柴崎正勝会頭

 日本薬学会の柴崎正勝会頭は19日、都内で開かれた記者会見で、4年制学科卒業生の薬剤師国家試験受験資格の取得に向け新たな方向性がまとまったとの認識を示すと共に、臨床研究に対する賞の創設や来年度からの実施を見込む「4年制博士課程」の研究支援事業などの事業内容を示した上で、「創薬と共に育薬のバランス良い発展を目指したい」との考えを示した。

 昨年4月、再登板した柴崎氏は「1年目としては大変実りある仕事だった」とこの1年間を振り返った。特に、4年制学科卒業生の薬剤師国試の受験資格問題について問題提起し、大きな議論を呼んだが、会員による公開討論会を開き、「修士課程修了後、6年制学科への学士入学する案で意見の一致をみた」とし、今後、文部科学省等の関係省庁と話し合いを進める意向を示した。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 柴崎薬学会会頭、4年制卒の国試受験資格で見解‐研究支援事業など創設へ

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS