【薬学教育評価機構】薬学教育6年制を初評価‐日本薬科大、6項目に重大な問題点で判定保留

2014年4月4日 (金)

ニュース


岡山大、福山大は適合

 薬学教育評価機構は3月31日、初めて6年制薬学教育の評価を専門分野別に行った結果を公表した。初年度の対象となった岡山大学、福山大学、日本薬科大学の3校のうち、岡山、福山の2大学は評価基準に適合と認定されたが、日本薬大は、評価基準の中項目6項目に重大な問題点が認められると判断。総合判定を保留した。日本薬大は3年以内に再評価を受けることになる。認定期間は2021年3月31日まで。

 6年制薬学教育の年限延長に当たって、06年に成立した学校教育法等の一部を改正する法律では、付帯決議で「第三者による薬学教育の質的保障」が条件の一つとされ、08年12月に「薬学教育評価機構」が一般社団法人として発足した。



HOME > ニュース > 【薬学教育評価機構】薬学教育6年制を初評価‐日本薬科大、6項目に重大な問題点で判定保留

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!