【高血圧学会】利害関係の適切な開示を‐企業と研究実施は契約で

2013年5月29日 (水)

ニュース


 日本高血圧学会は25日、ノバルティスファーマの降圧剤「バルサルタン」の医師主導臨床研究で不正が行われ論文が撤回された事例について、第三者委員会による報告書を公表した。報告書では、臨床研究の活性化に「必要な民間資金を活用することが重要」としつつ、透明性を高め説明責任を果たす重要性も指摘。臨床研究の実施に当たって、共同研究契約や受託研究契約の枠組みを活用することが望ましいと提言し、利害関係について適切な開示・公開を求めた。

 第三者委員会は、京都府立医科大学の松原弘明元教授がバルサルタン臨床研究に関する論文を相次ぎ撤回した事例を検証。利益相反の観点が重要な論点との見解を示し、臨床研究に関して「一定のアカデミアと企業の関係は不可欠であり、民間資金は大学における研究にとって極めて重要」としつつ、国民に対して透明性を高め、説明責任を果たすことも重要とした。



HOME > ニュース > 【高血圧学会】利害関係の適切な開示を‐企業と研究実施は契約で

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!