【厚労省】かかりつけ機能を評価‐近澤薬剤管理官、調剤報酬改定に言及

2014年4月7日 (月)

ニュース


後発品加算に高いハードル

 厚生労働省保険局医療課の近澤和彦薬剤管理官は、本紙のインタビューに応じ、2014年度調剤報酬改定について、「かかりつけ薬局の機能をシンプルに評価した」と述べ、24時間対応の薬局や在宅医療関連の点数を手厚くしたことを明らかにした。また、「後発医薬品調剤体制加算」について、後発品のある先発品と後発品を分母にした今回の要件では、「大型後発品が出れば後発品の調剤率はがくっと落ちる」と述べ、半年ごとの後発品収載時に後発品の調剤率が落ちていく仕組みになっているとし、薬剤師によるさらなる使用促進に期待を寄せた。

 調剤報酬改定の基本的な考えについて、「地域包括ケアシステムにおける薬剤師の役割をどう評価するかということに尽きる」と述べ、24時間対応のかかりつけ薬局に対する評価を手厚くし、在宅医療関連の点数を引き上げたとした。



HOME > ニュース > 【厚労省】かかりつけ機能を評価‐近澤薬剤管理官、調剤報酬改定に言及

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!