「薬大急増の弊害が顕著」生出日薬副会長、第99回薬剤師国試結果を受けコメント

2014年4月16日 (水)

ニュース


 日本薬剤師会の生出泉太郎副会長は10日、定例記者会見で、第99回薬剤師国家試験の平均合格率が約61%と過去数十年を見ても低い水準になったことについて、「一気に薬大(薬学部)が増えた弊害が、顕著に現れたのが、今回の結果ではないか。今後、大学は収れんされていかざるを得ないのではないかと思う。そうでなければ学生がかわいそうだ。新たなモデルコアカリキュラムができあがるが、充実した学生生活を送りつつ、基礎から臨床まで適切な知識が身につくよう、大学には教育に取り組んでもらいたい」とコメントした。

 今回の国試は出題内容が難しかったとの声もあるが、執行部全体の見方としては「基礎から臨床まで満遍なく出題されていた。過去問中心の従来型の国試対策では対応できない。付け焼き刃では難しかったのではないか」とも指摘した。



HOME > ニュース > 「薬大急増の弊害が顕著」生出日薬副会長、第99回薬剤師国試結果を受けコメント

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!