厚労省・近澤薬剤管理官「分割調剤、今改定の目玉だった」‐“かかりつけ”実績づくりを

2014年4月17日 (木)

ニュース


2014年度調剤報酬改定セミナー

2014年度調剤報酬改定セミナー

 厚生労働省保険局医療課の近澤和彦薬剤管理官は12日、さいたま市で開かれた「2014年度調剤報酬改定セミナー」で講演し、今回の調剤報酬改定で導入が見送られた分割調剤について、かかりつけ薬局の評価をテーマに掲げた今回改定の「目玉で大きな柱だった」ことを明かした上で、次期改定に向けてかかりつけ薬局としての実績を残しておくことが重要との考えを示した。

 厚労省は、昨年から今年の初めにかけて14年度調剤報酬改定の議論を集中的に行った中央社会保険医療協議会に、特定機能病院等の大病院から長期処方された薬剤を原則として薬局が分割調剤し、2回目以降は主治医と連携して必要量を調剤する取り組みを試行的に導入する案を示していた。



HOME > ニュース > 厚労省・近澤薬剤管理官「分割調剤、今改定の目玉だった」‐“かかりつけ”実績づくりを

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!