選択療養で日医が反論‐現行評価療養で対応可、「安全性が最大の問題」

2014年4月23日 (水)

ニュース


 規制改革会議の改革案を受け、日本医師会は17日に記者会見し、「選択療養」に反対する見解を改めて表明した。横倉義武会長は、「安全性を確保できるかどうかが一番の問題。評価療養の範囲で十分」と述べ、現行制度で対応可能との考えを強調した。

 日医は、新しい医療提供に当たっては、安全性、有効性の客観的判断と将来の保険収載が大前提と主張。特に内容を理解することが難しい先進医療を受けるかどうか患者の自己責任に委ねることは、有効性、安全性のない治療やエビデンスのない民間療法を選択させられる危険性があると懸念を示した。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 選択療養で日医が反論‐現行評価療養で対応可、「安全性が最大の問題」

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS