【厚労省】ボルタレン座薬金属混入、事前確認の徹底求める

2014年4月24日 (木)

ニュース


 ノバルティスファーマの鎮痛・解熱・抗炎症薬「ボルタレンサポ」の座剤に針状の金属が刺さっている製品が埼玉県と千葉県で相次いで見つかった問題を受け、厚生労働省は日本医師会や日本薬剤師会、日本病院薬剤師会などに対し会員への注意を促すよう求める通知を発出した。

 通知では、医薬品の交付に当たって、製品の状態を十分に観察し、異常がないことの確認を徹底するよう求めている。



HOME > ニュース > 【厚労省】ボルタレン座薬金属混入、事前確認の徹底求める

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!