【アステラス製薬/アムジェン】5製品で長期戦略的提携‐合弁会社を10月稼働

2013年5月31日 (金)

ニュース


握手するアステラス製薬の畑中好彦社長(右)とアムジェンのロバートA・ブラッドウェイCEO

握手するアステラス製薬の畑中好彦社長(右)とアムジェンのロバートA・ブラッドウェイCEO

 アステラス製薬と米アムジェンは29日、長期戦略的提携に関する契約を締結した。合弁会社「アステラス・アムジェン・バイオファーマ」を設立し、アムジェンが持つ生物学的製剤など五つのパイプラインの共同開発・商業化を目指す。アムジェンは2008年に日本法人を武田薬品に譲渡した経緯があるが、日本で直接的な事業を再開する。

 戦略的提携の対象となるのは、高脂血症領域の抗PCSK‐9抗体「AMG145」、骨粗鬆症領域の抗スクレロスチン抗体「AMG785」、癌領域の抗HGF抗体「AMG102」(適応:胃癌)、MET阻害剤「AMG337」(同)抗CD19BiTE抗体「AMG103」(適応:急性リンパ性白血病/非ホジキンリンパ腫)――。現在は日本で臨床開発の準備段階から後期段階にあり、このうち第II相試験中のAMG145を最初の製品として16年にも上市を見込む。



HOME > ニュース > 【アステラス製薬/アムジェン】5製品で長期戦略的提携‐合弁会社を10月稼働

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!