【東薬大/長春中医薬大】「中国医学実践講座」がスタート‐予防医療実践できる人材育成へ

2014年5月9日 (金)

ニュース


東薬大・長春中医薬大が共催

y11419_06-03

 東京薬科大学では国際交流事業の取り組みとして、昨年5月に中国の長春中医薬大学と学術交流協定を締結し、中医学・中薬学の分野を中心とした交流を展開している。その活動の一環として、両大学の共催による「中国医学実践講座」が先月末からスタートした。〔写真は開講式に集まった東薬大笹津学長(左から4人目)、今西理事長(同5人目)をはじめとした講師陣〕

 東薬大と中国との交流は、百年以上の歴史があるという。近年では1984年に、中国中医科学院との間で学術交流が開始され、これまでに40人以上の同院の研究員が東薬大に滞在し、研鑽を積んでいる。これらの研究員は日本で博士の学位を取得し、現在その多くが中医科学院において教授、副教授などの指導的地位に就いている。



HOME > ニュース > 【東薬大/長春中医薬大】「中国医学実践講座」がスタート‐予防医療実践できる人材育成へ

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!