日病薬副会長・木平氏「病院薬剤師は外来へのかかわり強化を」

2014年5月15日 (木)

ニュース


木平健治氏

木平健治氏

 日本病院薬剤師会副会長の木平健治氏(広島大学病院教授・薬剤部長)は10日、神戸市内で講演し、今後は病棟業務の推進に加えて、外来患者への病院薬剤師の関わりを強める必要があると強調した。医師の処方後の処方監査や患者教育だけでなく、処方前の処方設計、処方提案の役割が求められるとし、「病院薬剤師が外来患者にどうかかわっていくのか、これからもう一度見直す必要がある」と呼びかけた。

 病院薬剤師の課題や展望について語った木平氏は、薬剤管理指導業務と病棟薬剤業務を両輪とした病棟業務の定着が喫緊の課題であるとする一方、「外来患者の中にも病院薬剤師が積極的にかかわらなければならない患者がたくさんいる」と強調した。



HOME > ニュース > 日病薬副会長・木平氏「病院薬剤師は外来へのかかわり強化を」

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!