【労基局】薬剤師の抗癌剤曝露防止対策で留意事項

2014年6月9日 (月)

ニュース


 厚生労働省労働基準局安全衛生部は、抗癌剤等を取り扱う薬剤師等の労働者について曝露防止対策の留意事項をまとめ、化学物質対策課長名で関係団体に通知した。

 医療現場で取り扱われる抗癌剤では、シクロホスファミドなど、発癌性等を有する化学物質が含まれている場合がある。抗癌剤は、適切に患者に投与すれば高い薬理効果が得られるが、調剤や投与時、破棄時に取り扱う薬剤師、看護師等の労働者が、意図せずに気化した抗癌剤の吸入曝露、針刺し、漏出した薬剤への接触によって経皮曝露した場合、健康障害を発症する恐れがある。そのため、曝露防止対策を実施する必要性が指摘されてきた。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【労基局】薬剤師の抗癌剤曝露防止対策で留意事項

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS