【厚労省】20品目を要指導医薬品に指定

2014年6月10日 (火)

ニュース


 厚生労働省は6日、要指導医薬品に指定したスイッチ直後等の15品目と劇薬5品目の計20品目を公表した。

表:要指導医薬品一覧(平成26年6月12日時点)

表:要指導医薬品一覧(平成26年6月12日時点)
※画像クリックで拡大表示

 スイッチ直後等品目のうち、要指導医薬品に指定されたアレルギー用薬は、「ストナリニ・ガード」(有効成分:メキタジン)、「アレジオン10」(エピナスチン塩酸塩)、「アレグラFX」(フェキソフェナジン塩酸塩)、「アイフリーコーワAL」(アシタザノラスト水和物)、「コンタック鼻炎Z」、「ストナリニZ」(セチリジン塩酸塩)、「アレギサール鼻炎」(ペミロラストカリウム・内用)、「ロートアルガードプレテクト」(トラニラスト)、「ノアールPガード点眼液」(ペミロラストカリウム・外用)の9品目。



HOME > ニュース > 【厚労省】20品目を要指導医薬品に指定

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!