【厚労省】13年診療行為別調査‐院外処方率が7割突破

2014年6月23日 (月)

ニュース


薬局調剤点数も4.7%増

 厚生労働省統計情報部は18日、2013年「社会医療診療行為別調査」の結果を公表した。医科の入院外における院外処方率が前年に比べて4・4ポイント上昇し、70・2%と7割を突破。薬局調剤の1件当たり点数も4・7%増加し、医薬分業の進展がうかがえた。薬局調剤を含めた診療行為点数に占める医科薬剤料比率は、横ばいの35・0%となった。後発品の使用状況を見ると、薬剤種類数に占める割合がロードマップの新指標で44・8%となった。旧指標では28・7%と前年に比べて1・8%増えた。

 調査は、国のレセプト情報・特定健診データベースに蓄積されている昨年6月審査分のレセプトを対象に行った。医科の入院外における院外処方率は、前年に比べて4・4ポイント上昇し、70・2%となった。病院が1・2ポイント増の74・1%、診療所が5・7ポイント増の68・9%と、診療所の院外処方の伸びが押し上げた格好。科目別では、内科、産婦人科、耳鼻科で院外処方の伸びが大きかった。



HOME > ニュース > 【厚労省】13年診療行為別調査‐院外処方率が7割突破

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!