【大阪府】健康拠点事業を展開‐セルフMマニュアル作成へ

2014年6月24日 (火)

ニュース


2モデル事業実施を決めた大阪府の協議会

2モデル事業実施を決めた大阪府の協議会

 大阪府は18日、厚生労働省が昨年度予算化した薬局・薬剤師を活用した健康情報拠点推進事業に関して、府としての取り組みを検討する第1回府薬局健康情報拠点推進協議会を開いた。今年度中に、▽薬局を活用したセルフメディケーション推進▽健康増進サポート――の二つのモデル事業実施を決めた。

 「セルフメディケーション推進」では、薬局薬剤師を活用した府民のセルフメディケーションを推進するための方法等を検討しマニュアルを作成する。また、薬局が一律に情報を収集できる体制整備に向け、メーリングリストを活用したメール配信システムの導入していく。「健康増進サポート」としては、薬局店頭で呼吸器機能検査機器を用いたCOPDの検査方法の検討や検診受診啓発、同疾患の周知などに取り組んでいく。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【大阪府】健康拠点事業を展開‐セルフMマニュアル作成へ

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS