【厚労省・国民生活調査】通院者率が増加‐最多は高血圧症

2014年7月22日 (火)

ニュース


 厚生労働省が15日にまとめた、2013年の国民生活基礎調査(大規模調査)の結果によると、病気やけがで病院などに通院している人は、人口1000人当たり378・3人で、10年の調査と比べ2・2%増加。傷病別に見ると、男女とも「高血圧症」での通院者率が最も高かった。

 13年は、3年ごとの大規模調査の年に当たり、毎年行っている世帯数や所得の推移などに加え、健康状況も調べた。人口1000人当たりの通院者数(通院者率)は、年齢が高くなるに従って上昇し、65歳以上で690・6人(10年調査時679・4人)、75歳以上では735・0人(721・9人)だった。



HOME > ニュース > 【厚労省・国民生活調査】通院者率が増加‐最多は高血圧症

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!