【薬害オンブズ会議】登録販売者の受験資格見直しで意見書‐不正受験に法的制裁など要望

2014年7月23日 (水)

ニュース


 薬害オンブズパースン会議は、厚生労働省が登録販売者の受験資格を見直す薬事法施行規則の一部改正省令案に対し、不正受験への法的制裁や業務内容の報告書を月ごとに求めること等、内容の追加を求める意見書を、田村憲久厚生労働相に提出した。厚労省の改正案は、登録販売者試験の不正を防止するための抜本的な改正とは到底評価できないとしている。

 同会議は、改正案に示された▽登録販売者試験の受験資格として実務経験要件等を廃止する▽店舗管理者等の要件として2年以上の実務経験を設定する――等の内容について、「実務経験証明書を求める人数を減らすことによって、各都道府県担当者の事務処理上の負担を軽減するものにすぎない」と指摘。不正防止の抜本策とはならないと批判している。



HOME > ニュース > 【薬害オンブズ会議】登録販売者の受験資格見直しで意見書‐不正受験に法的制裁など要望

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!