職種間の役割分担・連携推進、医療の質向上に重要‐亀井日大教授

2014年7月25日 (金)

ニュース


ネグジット総研・セミナーで講演

亀井美和子氏

亀井美和子氏

 日本大学薬学部実践薬学系教授の亀井美和子氏は16日、大阪市内で開かれたネグジット総研の特別企画セミナーで講演し、医療費の増加を抑えつつ医療の質を維持・向上させるには、各医療職種間の役割分担と連携推進が重要になることを強調した。医師と薬剤師が共同で作成したプロトコールに基づき薬剤師が主体的に薬物治療管理を担ったり、患者とのカウンセリングを通じて治療効果を高めたりする役割を例示した。

 亀井氏は「限られた資源で医療サービスを落とさないようにするには、その職能にしかできないことを行い、そうでない業務は他の職種がするという役割分担が求められる」と述べ、「地域包括ケアシステムを構築する上でも、医師、看護師、薬剤師でなければできない業務と、共通してできる業務を明確にし、お互いにどこを補えるのか、コンセンサスを得るのが重要ではないか」と話した。



HOME > ニュース > 職種間の役割分担・連携推進、医療の質向上に重要‐亀井日大教授

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!