【厚労省/警察庁】“脱法”改め「危険ドラッグ」‐広報や啓発活動で周知へ

2014年7月28日 (月)

ニュース


 厚生労働省と警察庁は22日、一般から意見を募集していた脱法ドラッグの新しい呼称について、「危険ドラッグ」に選定したと発表した。今後、広報や啓発活動などで新名称を使用し、周知していく。

 脱法ドラッグが原因とされる事件や事故が相次いでいることを受け、警察庁と厚労省は「脱法ドラッグ」という呼び名が覚醒剤や大麻に似た作用があるにもかかわらず「脱法」との表現が安易な使用を招いているとして、呼び名を変更しようとホームページなどで意見を募集していた。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚労省/警察庁】“脱法”改め「危険ドラッグ」‐広報や啓発活動で周知へ

‐AD‐
‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!