【厚労省】「最先端医療迅速評価制度」を創設

2013年6月14日 (金)

ニュース


 厚生労働省は、保険診療と保険が適用されていない最先端の保険外診療の併用を認める「先進医療」の対象となる医薬品や医療技術の審査・評価を迅速化するため、「最先端医療迅速評価制度」(仮称)の創設など新たな仕組みを導入する。

 先進医療の対象と認定されるには審査が必要となるが、現行制度では、医療機関が先進医療会議に医療技術を申請した後、同会議が個別技術の適否、実施医療機関の適否、実施計画の適否などを評価するという手続きを踏んでいた。



HOME > ニュース > 【厚労省】「最先端医療迅速評価制度」を創設

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!