【厚労省】セルフMの薬局公表制度導入‐新たな基準を作成へ

2014年8月4日 (月)

ニュース


 厚生労働省は、来年秋ごろをメドにセルフメディケーションの推進に向け、充実した相談体制や設備などを整えている薬局を地域住民に公表する取り組みをスタートさせる。

 今後、厚生労働科学研究班がまとめた「薬局の求められる機能とあるべき姿」や、健康情報拠点推進事業の優良事例などをベースに基準となる要件を作成。2007年から勤務する薬剤師の数や、業務内容などの情報をホームページ上で公表している「薬局機能情報提供制度」の仕組みを活用し、基準を満たした薬局を公表していく。厚労省は「かかりつけ薬局を選ぶ際の目安になれば」としている。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚労省】セルフMの薬局公表制度導入‐新たな基準を作成へ

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS