【厚科審部会】がん登録の詳細まとまる‐義務化を受けて政省令案

2014年8月21日 (木)

ニュース


 厚生科学審議会の「がん登録部会」は18日、全国の癌患者の情報を一元管理する「全国がん登録法」の成立を受け、2016年1月からスタートする全国がん登録制度についての政省令案を大筋でまとめた。政令で登録する疾病の種類や、がん登録事業の委託先、全国がん登録データベースに集積される情報の保存期間などを規定。省令では、登録すべき細かい情報などを定めている。

 日本では、都道府県などが主体となって行っている地域がん登録制度と、各医療機関が実施している院内がん登録が行われているが、任意のため情報量や内容にバラつきがあり、データがうまく揃わないことが課題となっている。

 全国がん登録制度は、国の制度として義務化し、がん登録の精度を上げようというもの。



HOME > ニュース > 【厚科審部会】がん登録の詳細まとまる‐義務化を受けて政省令案

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!