【厚労省】子宮頸癌ワクチン、積極的勧奨一時中止へ‐定期接種は外さず

2013年6月19日 (水)

ニュース


 厚生労働省の厚生科学審議会の専門部会は14日、今年度から定期接種になった「サーバリックス」と「ガーダシル」の2種類の子宮頸癌ワクチンについて、「積極的な勧奨を一時中止する」との結論をまとめた。接種後に体の広範囲にわたって痛みを訴える副反応が30件以上報告され、未だに回復していない例もあることなどを踏まえた措置。2種類のワクチンは、定期接種の対象からは外さず、無料接種は続ける。

 部会では、副反応報告のうち、疼痛が体の広範囲にわたった38件を重点的に分析したところ、ワクチン接種後に痛みが生じたタイミングなどから、接種との因果関係が否定できない症例が複数あると判断。また、38件のうち8件が未だに回復していないことなどから、「原因が分からず、国民に注意点を説明できない」として、定期接種は継続するが、積極的には接種を勧めないとした。



HOME > ニュース > 【厚労省】子宮頸癌ワクチン、積極的勧奨一時中止へ‐定期接種は外さず

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!