【MEJ】組織拡充し医療の海外展開を積極支援

2013年6月19日 (水)

ニュース


会見する山本理事長(中央)ら

会見する山本理事長(中央)ら

 日本の医療技術・サービスを海外に展開する支援団体「メディカル・エクセレンス・ジャパン」(MEJ)の新体制が発足した。2011年に経済産業省の支援を受けて設立されていたが、医療機器メーカー23社と57医療機関が参加し、組織を拡充した。政府の後押しを受け、海外の医療ニーズに対応したサービスを提供し、医薬品・医療機器の貿易赤字解消を実現する。山本修三理事長(日本病院会名誉会長)は13日、記者会見し、「医療機器や医薬品を輸出するだけでなく、日本の優れた医療制度・技術などを含めた医療サービスをパッケージで提供していくのが大きな目的」と抱負を述べた。

 MEJは、経産省内の医療産業研究会を起点に、11年に発足した。日本の医療サービスを外国人向けに国内外で提供していく目標を掲げ、設立後2年間は国内でのサービス基盤を強化してきたが、今回組織を拡充し、官民一体となった医療の国際展開を目指すことになった。



HOME > ニュース > 【MEJ】組織拡充し医療の海外展開を積極支援

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!