【日病薬関東ブロック大会】問題解決能力が重要に‐6年制でシンポ

2014年9月4日 (木)

ニュース


シンポジウムの演者ら

シンポジウムの演者ら

 日本病院薬剤師会関東ブロック学術大会が8月30、31の両日、さいたま市で開かれた。

 学術大会では、2012年に初の6年制薬剤師が誕生してから3年が経過する中、医療現場が求める薬剤師像をテーマにしたシンポジウムを行い、病院や薬局に勤務する薬剤師から6年制薬剤師に対して、大学で学んだ医薬品の知識を応用して問題解決に結びつけられる能力や、コミュニケーション能力などを求める声が上がった。中でも、問題解決能力については「個々の医薬品の知識はあっても、臨床の場で必要な薬の知識は不足している」などの意見も出て、実務実習を通して知識と知識を結びつけて問題解決に導く能力を養うことの重要性が示された。



HOME > ニュース > 【日病薬関東ブロック大会】問題解決能力が重要に‐6年制でシンポ

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!