【厚労省・行政事業レビュー】医療情報DB事業を検証‐抜本的な改善が妥当

2013年6月26日 (水)

ニュース


 厚生労働省は21日、事業の無駄を検証する「行政事業レビュー」を実施し、医薬食品局安全対策課の医療情報データベース事業を点検。1000万人規模のデータの必要性や目標達成に向けた道筋の不明確さなどから、「抜本的な改善が妥当」と判定した。

 医療情報データベース事業は、医薬品等の副作用の発生確率を算出することで、安全性情報の正確性、迅速性を向上させ、医薬品等の安全対策を推進することを目的に、2011年度から5カ年計画でスタートしたもの。



HOME > ニュース > 【厚労省・行政事業レビュー】医療情報DB事業を検証‐抜本的な改善が妥当

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!