【日本イーライリリー】成人期AD/HD患者、7割以上「生活に支障」

2013年6月26日 (水)

ニュース


 18歳以上の注意欠陥/多動性障害(AD/HD)患者のうち、7割以上が人間関係・就労・日常生活で「困っている」と回答していたことが、日本イーライリリーが実施したインターネット調査で明らかになった。特に「周囲の人から認められ、理解されている」「自分らしく生き生きと日々を過ごせている」と回答した成人期AD/HD患者はわずか12%にとどまり、周囲の理解が浸透していないことが浮き彫りになった。

 調査は、18歳以上のAD/HD患者の実態や抱えている課題を明らかにするため、AD/HDと診断された経験を持つ男女100人に聞いた。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2021 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【日本イーライリリー】成人期AD/HD患者、7割以上「生活に支障」

‐AD‐
‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!