【日本調剤】スマホやPCで服薬や健康管理‐自社開発のお薬手帳を来月導入

2014年9月24日 (水)

ニュース


「お薬手帳プラス」のスマホトップ画面イメージ

「お薬手帳プラス」のスマホトップ画面イメージ

 日本調剤は、患者本人や家族の服薬状況をスマートフォン(スマホ)やパソコンで管理できる、電子版お薬手帳サービス「お薬手帳プラス」を、10月1日から導入する。医療系ITベンチャー企業のメディエイド(東京千代田区)の協力を得て、独自に自社開発したもので、お薬手帳の本来機能に加え、ヘルスケア機器との自動連携など、ユーザー自身の健康管理をサポートする便利な機能を加えているのが特徴。サービス利用は無料。まずは首都圏および全国主要都市16店舗で運用を開始し、その後、年度内に全店舗に拡大させる考え。

 日本調剤が開発した、電子版お薬手帳「お薬手帳プラス」は、お薬手帳の基本機能である薬の名称や用法・用量などの服薬情報を表示するのはもちろん、服用する薬剤情報の説明、ジェネリック医薬品の有無や差額を調べることも可能。インターネット環境があれば、スマホだけでなく、自宅のパソコンでも「お薬手帳プラス」のサイトを見られる。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【日本調剤】スマホやPCで服薬や健康管理‐自社開発のお薬手帳を来月導入

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS