【厚労省】危険ドラッグ対策で14物質を指定薬物に

2014年9月25日 (木)

ニュース


 厚生労働省は19日、危険ドラッグに使われる14種類の物質を指定薬物に指定する省令を公布した。29日に施行され、これら物質を含む製品の製造、輸入、販売、所持、使用等が原則禁止される。

 指定されたのは、ADB‐CHMINACA、DP‐UR‐144、PMEA、Phthalimidopropiophenone、25C‐NBF、CHMINACA‐BA、α‐PBT、4‐Fluoro‐α‐PHPP、4‐MeO‐PCPなど14種類。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚労省】危険ドラッグ対策で14物質を指定薬物に

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS