【大日本住友製薬】ゾペネックスIS、米販売権を譲渡

2014年10月7日 (火)

ニュース


 大日本住友製薬は1日付で、米エーコン社に対し、米子会社サノビオン・ファーマシューティカルズが販売していた短時間作用型β作動薬「ゾペネックスIS」の販売権を譲渡した。譲渡対価は4500万ドルで、エーコンが米国販売を開始した。

 気管支けいれん治療と予防を目的に使用される気管支拡張薬で、サノビオン社が1999年から米国で販売。12年8月に後発品が参入し、経営リソースを成長分野に配分するため、販売権譲渡に踏み切った。定量噴霧式製剤「ゾペネックスHFA」については、販売を継続する。



HOME > ニュース > 【大日本住友製薬】ゾペネックスIS、米販売権を譲渡

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!