【厚労省】健康寿命、男女とも伸びる

2014年10月8日 (水)

ニュース


 厚生労働省は、健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間を示す「健康寿命」が2013年で男性71・19歳、女性74・21歳との推計値を、1日の厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会第2回健康日本21(第2次)推進専門委員会で報告した。

 厚労省は、12年に10年時点の健康寿命を初めて算出している。10年の数値は、男性が70・42歳、女性73・62歳だったため、男性で0・78年、女性で0・59年伸びた。また、日常生活に制限のある期間は男性9・02年、女性12・40年で、10年に比べ男性で0・11年、女性で0・28年短縮した。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚労省】健康寿命、男女とも伸びる

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS