【武田薬品】ユーグレナ社と包括的提携‐健食事業の本格展開へ

2014年10月28日 (火)

ニュース


注目の機能性素材を製品化

左から武田薬品ヘルスケアカンパニープレジデント・杉本雅史氏とユーグレナ社社長・出雲充氏

左から武田薬品ヘルスケアカンパニープレジデント・杉本雅史氏とユーグレナ社社長・出雲充氏

 武田薬品は、微細藻類ユーグレナ(和名ミドリムシ)を活用した機能性食品、化粧品等を開発・販売するユーグレナ社(東京文京区、出雲充社長)と、ユーグレナ配合製品に関する包括的提携契約を締結した。今後両社で、一般用医薬品、医薬部外品、健康食品(特定保健用食品や栄養機能食品)などにおける、新たな製品の開発可能性を共同で検討していく。なお、共同プロジェクトの第1弾商品として、ユーグレナ含有の健康補助食品「緑の習慣」を、武田薬品の通販限定商品(タケダ通販ショップ)として発売を開始した。


共同開発第1号の「緑の習慣」

共同開発第1号の「緑の習慣」

 ユーグレナは藻の一種で、動物と植物の両方の特徴を持っている。植物のように光合成で栄養素を作るだけでなく、動物のように運動するため、動物性の栄養素も有している。特有の含有成分でβ‐グルカンの一種である「パラミロン」は、スポンジのような多孔性構造を持ち、過剰に摂取した油分などを吸着する働きがある。ビタミン、ミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸など59種類の栄養素をバランスよく含み、消化率も高いことから、近年注目されている素材の一つといえる。



HOME > ニュース > 【武田薬品】ユーグレナ社と包括的提携‐健食事業の本格展開へ

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!